top of page
  • 執筆者の写真Aika

静かなる

圓満院門跡の静かな宿坊の朝です。 昨夜は 三井の名庭 ライトアップ夜桜会 で娘とコンサートをさせて頂きました。

美しいお庭を背に演奏させて頂ける開放感と 遠路東京から駆けつけてくださった 大切な先生方をお席に拝見しながら 喜びと感謝に溢れました。

泉官庁様やご関係の皆様の 細やかなお心遣いが胸にしみいり 令和の波動が境内に行き渡るお寺です。

圓満院門跡の歴史 圓満院は寛和三年(987年)に 村上天皇の第三皇子悟円親王により 創立された天台宗の寺院です。

三井三門跡の一つであり 開基当時は平等院と呼ばれていました。

藤原道長が宇治に建てた別荘を その子藤原頼道の時代に寺院にするよう命令が下され 平等院(後の圓満院)の明尊大僧正によって 完成しました。

明治11年に明治天皇 明治13年と45年に当時東宮でいらっしゃった 大正天皇が行幸された由緒ある門跡寺院です。





閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

追悼

bottom of page