top of page
  • 執筆者の写真Aika

高野山 丹生都比売神社

空海生誕1250年の御奉納終わりました。 尊きご縁に感謝して

真言宗の最高儀式とされる「後七日御修法(ごしちにちみしほ)」が8日、京都市南区の世界遺産・東寺(教王護国寺)で始まった。真言宗の各派総大本山の高僧が14日までの7日間、国家安泰をはじめ五穀豊穣(ほうじょう)や世界平和などを非公開で祈念する。コロナ対策で法要に出仕する65人全員にPCR検査を実施して全員が陰性を確認した。

今年は真言宗の宗祖、空海の生誕1250年、立教開宗1200年を迎えたことから、出仕する高僧の衣を約50年ぶりに新調して臨んだという。






















閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

追悼

bottom of page