top of page
  • 執筆者の写真Aika

開運吉方位 宮古島聖地巡りツアー♪

宮古島のリトリートが終わり皆さんを送り出してホッとして、ピアニストの津田君が北九州から遊びに来ました。

前回の創作フレンチ、シェフは同じ物は出さないので、すごく想像力を働かせワクワク待っていてくださり今回も驚きの美味しさ!

午後はノロさんと親子に縁が深い聖地に行きお祈りの儀式をして 娘は色んな質問をして普段出せない感情が浄化される不思議体験をしました。沖縄の母系家族の大らかさ、天と繋がる深い優しさに感動の時間でした。

二日目はシュノーケリングでたくさんの魚と遊んで、素晴らしい御嶽内の洞窟の青盛の工場に見学に行き、五年間暗闇で寝かせていただく泡盛に祈りの言葉を託しました。

ゼロ磁場と言われる場所に行き繊細な振動に身体はドンドン浄化されていきます。

宮古島は母なる島、10月22日次回の開運聖地ツアーを企画します。

「開運吉方位宮古島聖地巡りツアー」

風水師・運の専門家の早川佳宏先生からのメッセージ↓

吉方位への旅行は開運に大きな効果があります

奇門遁甲、金函玉鏡など様々な方位術を網羅し、総合的かつ緻密に計算された開運方位を用いて 宮古島聖地巡りツアーを計画しています

宮古島は、日本の本州から遠いおかげで、ほぼ全域から見て「南西」方位となります

2023年10月22日(日)

庚戌の年、戊寅の月、丙寅の日を出発日とします

この日、金函玉鏡方位術において、南西方位に青龍と開門が巡り

商売繁盛・諸事好調の吉方位となります

しかも、その日の南西は、帝王のエネルギーが集まる方位なので、とても強い作用があります

帝王のエネルギーですから

經世濟民(けいせいさいみん、経世済民)

すなわち、「世(よ)を經(おさ)め、民(たみ)を濟(すく)ふ」

という高い志と覚悟のない人には、むしろ厳しい方位となりえます

中途半端な氣持ちで参加する人は、おそらく弾かれるでしょう

けれども、世のため人のために生きたい!そのために、經世濟民の力を身につけたいと真心より願う人にとっては、天からの祝福と恩寵を賜ることのできる、素晴らしい開運旅行となるでしょう

しかも宮古島は、琉球王朝の聖地であり、古代レムリアの聖地でもあった土地

島全体が聖なる祈りの地なのです

真心からの祈りと共に、真摯な決意と共に参加する人にとっては、人生の大きな転機となる旅となります











閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

追悼

Comments


bottom of page