top of page
  • 執筆者の写真Aika

自分たちを自然へと立ち返らせる

神の島の朝日です! おはようございます。 今日も素晴らしい天気に恵まれています。 海と大地とヒビキ愛 感覚を柔らかく、静かに開いて、ただ命を喜ばせています。 ゴッホは、弟に向けた手紙の中に 「ああ、これこそ・・・単純で、己れ自身が花であるかのごとく、自然の中に生きる日本人が伝えようとすることこそ、新しい宗教ではあるまいか。 日本の芸術研究することは、大いに陽気になり、もっと幸福になり、因襲の世界でのわれわれの教育や仕事に逆らって、自分たちを自然へと立ち返らせることなのだ」と綴っています。 それは自分たちを「自然回帰」させ、のびやかに、おおらかになれることなく、この日本の文化を理解することはできないと、やがてゴッホだけでなく、モネやゴーギャンなども、自然の中にある光、命の輝きを模索しに「自然回帰」してゆきます。





閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

追悼

bottom of page