top of page
  • 執筆者の写真Aika

松井久子監督

大尊敬する松井久子監督から ご本と、DVDを贈っていただきました。 水輪でご一緒させて頂いた愛しい時間は、これからの人生でインスパイアされる原動力を授けていただきました。 制限を越えて行く純粋な情熱と愛は、日々の在り方をどこまでも面白く、楽しく、喜びに満ちて歩める勇気になりました。 ありがとうございます♪♪

松井久子 小説家・映画監督 まつい・ひさこ/1946年東京都生まれ、早稲田大学文学部演劇科卒。雑誌のライター、俳優のマネージャー、テレビ番組のプロデューサーを経て、98年『ユキエ』で映画監督デビュー。2002年に製作・脚本・監督を務めた『折り梅』が公開、2年間で100万人の観客を動員。10年、日米合作映画『レオニー』の脚本・監督。21年、70代の性を描いた小説『疼くひと』(中央公論新社)がベストセラーに。22年、第2作『最後のひと』(同)を出版






閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

追悼

bottom of page