top of page
  • 執筆者の写真Aika

どんな命も大切にしたい

「五日間で作るオフグリッドタイニーハウスのコンセプト」

多可町は杉と檜に囲まれ ご近所にある森安製材所さんには端材があります。

どんな命も大切にしたい アートで甦らせたいという願いに応えてくれた 元宮大工の西村君の「何時も何度でも」空気を感じて遊ばせてくれる 包容力のお陰でまた一つ夢が叶いました! 庭には端材で雨の中娘のこうちゃんと即興で作ってくれたベンチがあります。

賛同くださる心友のお陰で五日間でできた夢の小屋 朝、住人の亀とコーヒーを飲みながらしみじみ携わってくれた皆んなの顔おを思い出しています。

風で扉や防水シートが揺れています この感じが愛しいです〜

これから内装のアイデアを皆んなと相談しながら 何して遊ぼうかなぁ?






閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

追悼

Comments


bottom of page