top of page
  • 執筆者の写真Aika

落合莞爾先生

落合 莞爾先生のお宅に娘と伺いました。

五時間日本の歴史のお話しはとどまることなく、大変興味深いことが年号も名前も全て覚えておあられました。

落合先生の洞察は、全体を立体的に見出す「洞察帝王学」です。

一天地六 東五西二 南三北四 (いってんちろく とうごさいに なんざんほくし)

沢山のご著書の中で今回は六冊購入させていただきました。

落合 莞爾

1941年、和歌山市生まれ。東京大学法学部卒業後、住友軽金属を経て経済企画庁調査局へ出向、住宅経済と社会資本の分析に従事し、1968~69年の『経済白書』の作成に携わる。その後、中途入社第1号として野村証券に入社、商法および証券取引法に精通し、日本初のM&Aを実現する。1978年に落合莞爾事務所を設立後は経営・投資コンサルタント、証券・金融評論家として活躍。日本および世界の金融経済の裏のウラを熟知する人物として斯界では著名な存在である。著書に『金融ワンワールド』、落合秘史シリーズ として『明治維新の極秘計画』『南北朝こそ日本の機密』『国際ウラ天皇と数理系シャーマン』『奇兵隊天皇と長州卒族の明治維新』『京都ウラ天皇と薩長新政府の暗闘』『欧州王家となった南朝皇統』『日本教の聖者・西郷隆盛と天皇制社会主義』、』國體古代史に敢然と挑んだ『天皇とワンワールド(国際秘密勢力)』、『天皇と黄金ファン』、「天孫皇統になりすましたユダヤ十支族』(いずれも成甲書房刊)がある。

「2017年 『活字に出来ない《落合秘史3》』 で使われていた紹介文から引用しています。」










閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

追悼

bottom of page