top of page
  • 執筆者の写真Aika

静けさの中に意識が誘われる

宮古島からあいか庵に帰りました。 11日間ピナを預かってくださったお二人が帰宅を待っていてくれました。誰も怪我しないでリトリートを終えれてホッとしています。

ケンちゃんが掘り出してくれた楽器に、陽子ちゃん、とも君、可愛が子供用七弦あわ琴ちゃんの、仕上げのペグと弦張りを深夜まで制作してくださいました。

多可町の檜の木は、今までにない柔らかく繊細な倍音の響きです。 何処までも染み入る静けさの中に意識を誘います。

新生地球に産まれてくれた子どもたちの小さな手や胸に寄り添う音! 待っていてね。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

追悼

bottom of page