top of page
  • 執筆者の写真Aika

「満月の宮古島レムリアの目覚め」

「満月の宮古島レムリアの目覚め」

フォトセッション最終日は美しく晴れ渡り宮古ブルー!

聖地とプライベートビーチは誰も人がいませんでした。

天才フォトグラファーのシュウくんは

ドローン撮影で天空から演奏するkaaiを鳥の目線で観ています。

同じ年のアーティスト2人のコラボはこれから音楽もスタート、

津田くんのピアノ、シューくんのギター、kaaiのフルートは

大地の鼓動や息吹を音と映像で表現してくれるでしょう。

10月30日

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)は、日本の暦に古くからある吉日の一つ。

 �この言葉が意味するところは「種籾(たねもみ)一粒から一本のイネができ、このイネから万倍もの数のお米が穫れること」。すなわち「わずかなものが飛躍的に増えること」。この日に始めたことは、やがて大きな成果を上げると考えられることから、一粒万倍日は「何かを始めるのに最適な日」とされる。

大明日

天地が開け、隅々まで日の光で照らされることを意味し、あらゆることに大吉とされる日。引っ越し、旅行など、移動に関わることや普請によいとされる。














閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

追悼

bottom of page